レディースロングスカートと何の上着を組み合わせて、秋冬に美を失わない

誰が冬にロングスカートが着れないと言われた、まさかスカートは夏だけ着るんですか?私は大きい声で返事しますよ。たとえ冬の寒さで、レディースロングスカートはまだオシャレのあなたのいい選択、様々なパッケージヒップドレス、編みウールのドレスのすべての種類は、寒い冬にあなたがカリスマ性を作ることができます。

では、多くのレディースロングスカートと何の上着を組み合わせていいと聞きますか。あまりにもダウンジャケットは重すぎて、セーターが暖かくないと考えていますか?心配しないで、わたしは今あなたに最新のレディースロングスカートの組み合わせを紹介します。

 

レディースロングスカート

1、ダークコーヒー色のレディースロングスカートと黒のプルオーバーのドレス、格子縞のシャツ、このスタイルは非常に簡単で、同じダーク色で混合すると、明るい色の飾りが必要だ、また人々に鈍い感を与えて、それは明るい色のセーターチェーンで使用することができて、また鮮やかな色の袋で、全体のマッチを飾ることができます。

 

U7820P18DT20130105165810 (1)

2、この黒い半身のレディースロングスカート、冬でも多くの女性の定番のデザイン、モデルのスリムバージョン、完璧な足を強調します。スリムセーターの毛皮のコートと組み合わせて、非常に貴族の娘の気持ち、それは贅沢に満ちています。また簡単にセーターと組み合わせて、シンプルできちんとしたはオシャレです。

 

レディースロングスカート
レディースロングスカート

3、このイギリス風の半身ロングスカート、経典の一字ボタンに飾って、とても知的で、綿の生地が暖かく快適です。上半身の効果はとても良くて、しかも足のラインと引っ張っていっそう。組み合わせには長めのブレザーはOLの気質優雅で、腕利きですか?

 

 

 

U7820P18DT20130105165812

4、このダークグレーニットロングスカートと白いシャツを組み合わせ、浅緑の毛皮のコートとてもお嬢さんのコーディネートスタイルは、非常に女性的です。冬を持つというようなロングスカート、下半身の割合もみつけて、背中がもっと高くて見えます。

ロングワンピース着こなし:ロングワンピースコーディネートがきれいだ

ロングワンピース着こなし:

ガイド:ふんわりと夏のロングワンピースコーディネートは、誰もこのような誘惑に抵抗できないだろう!間違いない、今はスカート流行の季節、私もロングワンピースがとても好きで、他人に魅了するため、一緒にまなびましょう。

 

1627_130730123023_1

↑↑ この白黒小柄なガーターのスカートは、たくさんの種類のコーディネートスタイルがあるよ。今日のこのスタイルは、日本風に属す。白いTシャツの上に、この件のかわいいストラップロングワンピースを着ると、とても甘い気質で、更に同じ白いレースコートを着ると、日本風のスタイルが現れた。

 

ロングワンピース着こなし
ロングワンピース着こなし

↑↑ 優雅な淡色柄ロング、スカートを首に引っかけるの丸首髪型設計は、貴方の痩せてる肩ラインを完全に現す。加えて縛って腰のデザインで、貴方の標準な体割合のスカートに現して、魅力が人に感動させる。

 

1627_130730123048_1

↑↑ ミントグリーンシフォンチュニックロング、Tレース修飾の襟、ノースリーブのデザインで、加えてスカート滑らかなライン設計、着ると貴方を高く見えて、同時にとても気質がある。 この帽子の取り組みも、かっこいいよ。

 

1627_130730123100_1

↑↑ 青いシフォンベストロング、青い色は夏ではご肌に更に白く見える。スカートのデザインはシンプルで、余分なデザイン飾りが無し、人にとてもさわやかの感じをさせ、やわらかな視覚享受にある。

1627_130730123130_1

↑↑ 青い底、花柄つきのガチョウ黄色ロングワンピースで、ハイウエストのデザイン、あなたを痩せる様に見え、涼しい感じを満ちたスカートがヒラヒラで、貴方がきっと此の様な夏を享受するだろう !

ロングスカートのコーディネート並びにロングスカートそしてロングドレス激安通販情報

このブログはロングスカートのコーディネートを中心とし、ロングスカートも含み、ロングドレス激安通販情報もネットでピックアップしてご提供します。

また、このブログは主に、海外セレブロングスカート着こなし情報を発信します。

long-skirt-0011

 

ロングスカートとは、素材により、白、カーキ、黒などの多彩の色により、夏、春、冬、秋の季節と関係なく着れる衣装ですので、トップスと、靴とのコーディネートなど、ロングスカートをマスターし、コーディネートの幅を広げてみましょう。